キャッシングに関する希望金額と総量規制について

キャッシングは、急に現金が必要になったときに、CDやATMで現金を借りることです。クレジットカードやキャッシングカードがあり、それぞれ限度額が決まっています。申込をしてからの審査になるので、前もって準備をしておくとあわてる心配がありません。返済は一括で行うことが多く、リボ払いを選ぶことができるものもあります。返済時は、借入金額に利息を含めて返済することになります。

消費者金融では、一定期間であれば、無利息というキャンペーンを行っている会社もあります。必要であれば、こういう会社を検討するのも、利息を減らす方法の一つになります。無利息でも、必要がない場合は利用しないようにしましょう。本当に必要な時に、借りれなくなってしまいます。借入総額が超えて審査が通らない、ということにならないように気を付けましょう。

借入希望金額と限度額の違いは、申し込みをするときに、自分自身で決める金額が希望金額であり、審査の結果で決まるのが限度額です。必ずしも、希望金額と限度額が一致するとは限りません。収入に見合った借入金額であるかどうか、現在の収入状況で返済できる金額かどうか、審査の時点で決まります。

希望金額が低い方が、審査が通過しやすい傾向にあります。これは、きちんと返済計画を立てられる人物であると判断されるからです。希望金額は多めのほうがいいからと、多めに申請するのはやめておきましょう。本当に必要で、現在の収入で最後まで返済できる金額はどれくらいなのか、返済計画を立てることが重要です。きちんと返済ができていれば、限度額が増加できる場合もあります。

また、消費者金融では、総量規制という法律で、借入金額は他社と合わせて、年間の収入金額の三分の一までと規制されています。申込時に、公的な書類である収入証明書が必要な場合も出てきます。収入に見合った生活をすることと、冠婚葬祭など急にまとまったお金が必要な時に利用するなど、計画を立ててうまく利用することをお勧めします。