自分なら大丈夫!とついつい手を出してしまうキャッシング

きっと誰しも、急にお金が必要になったりする場面が、多かれ少なかれ人生の中にあるかと思います。そういった時に、もちろん一番良い方法は…お金を借りずに解決できる=「貯金」があるという事です。ただ、もちろん貯金は日ごろからコツコツ貯めていないといけませんし、家庭がある方は貯金を自由に使えないというケースもあり得ます。

そういった時に、ついつい手を出してしまいがちなのが、キャッシングです。銀行や消費者金融など、まとまったお金を借りる方法はいくつもありますが、やはり銀行等はイメージ的に審査が厳しそう・審査が通りづらいのではないかという傾向があるようです。そこで消費者金融に走る方は多いように思います。私もその一人でした。 例えば学生時代に、親に少額を借りた事などはありましたが、基本的にはお金にそこまで困らずに生活してきたように思います。だからこそ「お金を借りる」という事に対して意識が低かったのかもしれません。

最近は消費者金融等も昔のダーティーなイメージではなく、TVのCM等もポップなものが流されており、人気タレントが出演している事もあり、特に若い世代の方はそれほどマイナスイメージがない方も多いのではないでしょうか。最近はネットで検索すると、各消費者金融の特徴なども詳しくまとめられており、情報量の多さに安心してしまいがちです。

審査なども簡易的になっており、今までクレジットヒストリーに取り立ててネガティブな所が無ければ、限度額は最初は低めかもしれませんが簡単に通ってしまいます。身内にばれないように考慮してくれる会社がほとんどで、「お金を借りる」という事に対してのハードルの低さを意識させるような流れになっています。加えて、身元確認等も消費者金融とわからないように配慮してくれますし、会社によっては身元確認の連絡なしでキャッシングができる所もあるくらいです。とにかく借りるまでのステップをスムーズに行えるように巧妙にシステムが組まれています。

最初はみなさんが「少し借りるだけだから…」と考えているはずです。ただキャッシングがあまりにも簡単に出来てしまうと油断して、キャッシングの限度額を自分の預金額と錯覚してしまい、そのままずるずると借り続けてしまう…という方が続出するのです。 そんな事にならないように、やはりお金は計画的に使い「キャッシング」をしない事を徹底すべきだと、私は考えます。

キャッシングに関する希望金額と総量規制について

キャッシングは、急に現金が必要になったときに、CDやATMで現金を借りることです。クレジットカードやキャッシングカードがあり、それぞれ限度額が決まっています。申込をしてからの審査になるので、前もって準備をしておくとあわてる心配がありません。返済は一括で行うことが多く、リボ払いを選ぶことができるものもあります。返済時は、借入金額に利息を含めて返済することになります。

消費者金融では、一定期間であれば、無利息というキャンペーンを行っている会社もあります。必要であれば、こういう会社を検討するのも、利息を減らす方法の一つになります。無利息でも、必要がない場合は利用しないようにしましょう。本当に必要な時に、借りれなくなってしまいます。借入総額が超えて審査が通らない、ということにならないように気を付けましょう。

借入希望金額と限度額の違いは、申し込みをするときに、自分自身で決める金額が希望金額であり、審査の結果で決まるのが限度額です。必ずしも、希望金額と限度額が一致するとは限りません。収入に見合った借入金額であるかどうか、現在の収入状況で返済できる金額かどうか、審査の時点で決まります。

希望金額が低い方が、審査が通過しやすい傾向にあります。これは、きちんと返済計画を立てられる人物であると判断されるからです。希望金額は多めのほうがいいからと、多めに申請するのはやめておきましょう。本当に必要で、現在の収入で最後まで返済できる金額はどれくらいなのか、返済計画を立てることが重要です。きちんと返済ができていれば、限度額が増加できる場合もあります。

また、消費者金融では、総量規制という法律で、借入金額は他社と合わせて、年間の収入金額の三分の一までと規制されています。申込時に、公的な書類である収入証明書が必要な場合も出てきます。収入に見合った生活をすることと、冠婚葬祭など急にまとまったお金が必要な時に利用するなど、計画を立ててうまく利用することをお勧めします。